山形県 川西町
東沢活性化センター


  • HOME
  • リアルタイム東沢

リアルタイム東沢

2018年3月29日 食のサロン開催「食でつながる、地域の輪」
更生保護女性会、東沢ボランティア会の実行委員主催のもと、東沢食のサロンが開催されました。
食を通しての地域の交流と、東沢の「母(かあ)ちゃんパワー」を発揮した女性組織の活動の活性化を計るもので、当日はたくさんのおもてなし料理がふるまわれました。

料理は1人1品、日頃家庭で作っているものをと呼びかけ、準備を進めました。わらびの煮物、ハンバーグ、フルーツポンチなど、ジャンル問わずの家庭の味が並びます。ごはんに味噌汁、野菜サラダもついて、ビュッフェ形式で1人500円。



東沢地区内外から60名以上の方にお越しいただき、「これで500円は安い!」と参加者も大満足の様子。 お母さん方は今回のサロンを通して、料理のレパートリーも増えたのではないでしょうか。 朝早くから準備をしてくださった食のサロン実行委員会の皆様、ごちそうさまでした!
2018年3月24日 東沢小学校 114年の歴史に幕

東沢小学校閉校記念式典が行われました。 当日は在校生・先生方に加え、卒業生、歴代の先生方、「みちのく東沢やんちゃ留学」の留学生などの多くの方が参列しました。 校長先生の挨拶では、閉校を惜しみながらも、子どもたちがこれからも明るい未来へ向かって進んでいけるようにと願いを込めました。 また、川西町長の挨拶では「地域の子どもは、地域で育てる」、学校と地域が一体となった教育をこれからも継続して行うために、引き続き保護者の方々・地域の方々に協力いただきたいとの思いを伝えました。




在校生の発表では、小学校の思い出や閉校への感謝や名残惜しい思いを、合唱を交えて披露しました。そして、全員が「自分の夢」についても一人ひとり声高らかに発表。子どもたちの希望にあふれた言葉や歌には、参列者がときおり涙する場面も見られました。 最後には全員で東沢小学校校歌斉唱をし、閉式。 式典後は、記念石碑と石板の除幕式が行われました。 校歌が刻まれた石碑と共に、子どもたちが各々刻んだ文字が石柱となって並びます。


また、校内の各教室に設けられた歴代の卒業アルバムや写真展のコーナーでは、来場者が話に花を咲かせていました。 その後の「思い出を語る会」では食事をしながら各々当時を振り返って、懐かしみながら賑やかに笑い合う声が響きました。 東沢小学校は小松小学校と統合し、新学期から子どもたちは小松小学校へと通学します。 新しい環境での子どもたちのさらなる活躍を願います。
 



 
2018年1月21日 紅大豆で味噌づくり(紅大豆オーナー事業)
 東沢活性化センターにて紅大豆オーナー事業の人気イベントの一つ「紅大豆味噌作り」が行われました。そのため、いつもより参加者が多く、賑やかな中で味噌作りを行いました。
  
 
 
▲麹を細かくほぐす(写真左)   ▲そこに塩を混ぜ合わせる(写真右)

  
▲水につけておいた紅大豆をすりつぶし、麹に混ぜ合わせる
 
 参加者の皆さんは麹と混ぜ合わせる人、紅大豆をすりつぶす人など役割分担をし、協力しながら思いを込めて味噌を丁寧に仕込んでいきました。
 
 
▲丸めてみそ玉にしていく(写真左)→空気を抜くようにして容器に移す(写真右)
こどもから大人まで協力しながら味噌を作っていきます

 
 思いっきり容器に入れることで空気が抜けていきます。
 最後に重しの塩をまいてふたをすれば仕込みは完了!
 6月頃に一旦中身を混ぜ合わせた後、平均気温が20℃になって90日後になってから(秋ごろ)から食べられるようになります。
 

  昼食は東沢産そばが振る舞われました。加えて煮物など手作りの郷土料理も振る舞われ、参加された東京の方々にも「美味しかった!」と好評でした。
 今年度の紅大豆オーナーは今回で終了となります。参加された皆様、主催のやまがた里の暮らし推進機構の皆様、農事組合法人夢里の皆様、関係団体の皆様1年間ありがとうございました。

 
2018年1月13日 新春の集い
 2018年1月13日 新春の集いを開催しました。
 2018年、地域の皆様方、各種団体の皆様方との最初の顔合わせ会として、「新春の集い」を開催しました。 佐々木和憲センター長の挨拶、御来賓の方々よりご祝辞を賜った後、「交通安全会議」として交通安全講話、交通安全宣言が行われました。



 その後、昨年に協力隊を卒業した柚木大祐さんと長岡義和さん・未実さん夫妻の活動報告が行われました。任期後、柚木さんは玉庭へ、長岡夫妻はこの東沢へ移住されました。3年間の充実した活動報告に参加者の皆さんは真剣に耳を傾けている様子でした。その後は、懇親会が行われ、新年の挨拶を含め和やかな懇談の場となりました 。

 


 同時間には、東沢小児童が参加するスマイルクラブの活動の一環として、センターの外で「ヤハハエロ」が行われました。ヤハハエロで使われた稲わらは、昨年の田んぼアートで収穫された稲のわらです。その稲わらで斎塔の中に子どもたちが家庭から持ってきた古いお札や正月のしめ飾りなどが入れられ、今年の無病息災を祈りました。
 今年で東沢小は閉校となるため、これが最後のスマイルクラブとなりましたが 、学校としてヤハハエロをするのは自体は5年ぶりとのことで子供たちにとって大変貴重な経験となった様です。
      


 
2017年12月18日 スマイルクラブ注連縄作り
 東沢小学校の子どもたち、先生方、末広会の皆さんの総勢36名による、注連縄づくりが行われました。昨年はインフルエンザ流行のため開催できなかったということもあり、実に2年ぶりの開催となりました。 子どもと大人の混合グループで、末広会の皆さんが講師となり、作り方を伝授。注連縄づくりの経験のある子どもたちは手が覚えているのか、慣れてくるとどんどん作業を進めます。
 約2時間、じっくり集中。 今年は、夏に「田んぼアート」で育った「朝紫」の藁を使用しました。「左綯え」という注連方で、加えて稲を取らずに作りたいという要望もあり、綯える難易度も上がったようでしたが、無事完成! 記念に集合写真を撮って、完成した注連縄は各自お持ち帰り。大人も子どもも楽しい一日となりました。  

 

 

 

 
2017年12月17日 農事法人夢里そば祭り開催 「東沢の新そばに舌鼓」
 辺り一面雪景色の中、東沢活性化センターにて夢里新そば祭りが開催されました。
ここで提供されるそばは 農事組合法人夢里が栽培から収穫まで行った新そばが使われています。若い方や年配の方が家族連れなど、地区内外から老若男女多くの方がいらっしゃいました。そばは冷たいざるそばに冷たいつゆ又は 温かいつゆにつけて食べるスタイルで、中には両方味わう方も。風味豊かな打ち立てのそばに舌つづみを打っている様子でした。
 また、今年も食べ放題コースがあり、男女問わず何度もおかわりされている様子でした。
  

 


 
2017年11月18日 第4回紅大豆オーナー 開催
 今年度4回目の紅大豆オーナーが開催されました。当日は雨予報でしたが、午前中はなんとか持ちこたえることができ、寒さの中ではありましたが、畑に豆を収穫しに行くことができました。数年前から参加している方からも、「いつもこの時期は天気が優れず、畑に出るという経験がなかったので、新鮮でした」という声があがるほど。「機械で収穫するところは知っているけど、自分の手ですぽっと抜くのは初めてでした」なんて方もいらっしゃいました。
 

   畑から戻ったら、お待ちかねの紅大豆の選別作業に取り掛かります。自分で選別した分は、お土産に持ち帰ることができる!ということで、皆さん集中している様子。会話も楽しみながら、和気あいあいと作業を進めていました。
 

   作業が終わり、お昼ごはんに。今回はつきたてのお餅を色々な食べ方でいただきました。お雑煮、ずんだ餅、納豆餅、大根おろし餅…お腹いっぱい食べて、皆さん満足そうに家路につくのでした。
 



次回は年明けに、紅大豆でみそづくりです!

 
2017年11月5日 収穫感謝祭
 東沢地区収穫感謝祭を開催しました。
今年は町田市からやんちゃ留学の同窓生とその家族も参加され、たくさんの方々にお越しいただきました。
 最初に東沢小児童による学芸会で演劇が披露されました。子供たちのひたむきで一生懸命な演技に会場からは温かい拍手が送られました。
 

 開会式、収穫感謝祭イラスト展表彰(小学校)、食味コンクール優秀農家表彰と農産物品評会表彰式が行われた後、東沢小学校PTAと教職員による演劇、歌声サロンと子供たちの合唱、ギターと歌の演奏会など盛りだくさんのイベントが行われました。  
 
 

 会場内では農事組合法人夢里さんから提供いただいたおもちとそばのふるまいがあり、秋の味覚も存分に味わっていただけたようです。
 

 そのほか会場内には、小中高生、子どもたちの絵や東沢地区民の皆さんによる木工作品、寄せ植え鉢、かご、手芸品など素晴らしい作品が多く展示されました。
 また、野菜の即売会も調理室で行われました(写真2段目右)
 
 

 最後は大盛り上がりの抽選会で幕を閉じました。 天気も良く秋晴れの中、みなさん楽しい一日を過ごされたようです。 ご協力賜りました各団体の皆様、農家の皆様、賞品を提供いただいた企業団体の皆様、そして役員の皆様ありがとうございました。

    

 
2017年10月6日 芋煮会でおもてなし

  東沢小学校にて、小学校に関わるたくさんの方々をお招きして、芋煮会が行われました!開会のことばとともに、生徒たちから参加者の皆さんへの「感謝の言葉」が添えられました。東沢小学校は今年度で閉校という事もあり、感慨深くなる方も。

  

  「いただきます!」の掛け声と同時に、班ごとに分かれて芋煮をかこみます。子どもたちが芋煮をよそって、おもてなし。芋煮の味も班ごとに様々で、色々な味が楽しむことができました。

  

 
2017年10月3日  写真アート再び!

 東沢小学校の創立記念を祝い、企画委員会の子どもたちによる写真アート制作が行われました。
 前回の「あ」「り」「が」「と」「う」「!」「東」「沢」「小」に組み込めるよう、今回は「大」「好」「き」「な」の4文字を作成。先生方も一緒になって、4つの班に分かれて作業を進めます。
 経験もあってか、限られた時間の中でさくさくと作業を進めていく子どもたち。班ごとの個性が光る作品ができあがりました。
 最後に「ありがとう!大好きな東沢小」と完成したパネルを並べて記念撮影。
今回の写真アートも含め、来年3月の閉校記念式にて掲示されます。ぜひご覧ください!
 

   
2017年9月16日 紅大豆オーナー「草取り・枝豆収穫体験」

 2017年9月16日 紅大豆オーナー 実りの秋がやってきました!今年度 3回目の紅大豆オーナーが開催されました。 当日はとても過ごしやすいお天気に恵まれ、朝9時にセンターに集合、さっそく紅大豆畑へ。3回目ということもあってか、皆さん手慣れた様子で畑の草取りに取り掛かります。大勢でやると仕事は早いもので、どんどん畑の奥へと作業を進めていきます。子どもたちもせっせとお手伝いをしていました。


 そして、枝豆の収穫へ。畑から枝豆をひっこぬいては、もぎ、ひっこぬいては、もぎ…淡々とした作業が続きます。参加者同士、会話を楽しみながらわきあいあいと行いました。休憩時間には、その場でゆでた「味ゆたか」「紅大豆」の2品種の枝豆の食べ比べをし、それぞれの品種の味の違いを楽しみました。 「あの休憩時間の枝豆があったから、その後の作業も頑張れた!」という声も。


 作業が終わってセンターに戻ると、地元のお母様方が山形名物・芋煮を準備していてくださいました。これを楽しみにしてきた、という参加者も多かったようです!参加者の手も借りて握ったおにぎりと、採れたて・ゆでたての枝豆も用意して、いただきました。たらふく食べて、ご満悦。みなさんお疲れ様でした。

次回はいよいよ、紅大豆の収穫・選別に取り掛かります!



2017年9月9日 東沢小学校親子行事「親子で写真アート」

 東沢小学校の親子行事「親子で写真アート」が東沢小学校にて行われました。今年度で閉校となる東沢小学校に、思い出に残るものを作ろうと、小学校に眠っていた写真たちを活用し「写真アート」に挑戦しました。

 9つのグループに分かれて、「あ」「り」「が」「と」「う」「!」「東」「沢」「小」の9文字を1枚ずつボードに書き出し、文字を囲むように様々な年代・様々な場面の写真を貼っていきました。昔の写真を見て、親御さんからも思わず「懐かし い!」という声も。一人ひとりの笑顔の写真を織り交ぜながら仕上げていくグループや、はたまた集合写真をたくさん使うグループなど、それぞれのグループの個性が光るものとなりました。





 東沢小児童18名とその保護者の方々・先生方、そして協力隊も一緒に作業しながら、2時間ほどで完成しました!ボードを見ながら今までの歴史・思い出を振り返ることができ、どの年代にも記念となる写真アート作品となりました。
この写真アートは来年3月の閉校記念式にて掲示されます。ぜひご覧ください!







2017年9月9日 東沢地区敬老祝賀会

 平成29年度 東沢地区敬老祝賀会が、東沢地区交流センターにて開催されました。東沢小学校のみなさんから参加者の皆様へ、今年も合唱・合奏とエールをいただきました。
         

第2部では、マキブラザーズのお二人による演奏や、カラオケ愛好会の皆さんと飛び入りの方によるカラオケ大会も行われ、今年度も大盛況のもと、終えることができました。          
ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました!






2017年9月3日 第68回 東沢体育祭・H29東運動会

 9月3日(日)東沢小学校グラウンドにて、第68回東沢地区体育祭・平成29年度東運動会が開催されました。今年度いっぱいで東沢小学校が閉校となるため、「東運動会」は今回で最後となります。
トラック競技から障害物競走、自主防災リレーなどユニークな競技や親子3代協力してバトンをつなぐ「親子3代リレー」など、多世代が協力し合い、自分の地区の優勝目指し体を動かしました。 そして東沢地区内を周る3000m走には原田町長が飛び入り参加されました。 昼食休憩時には東沢小児童による応援合戦。最後ということもあり、東沢小の子供たちは声を精一杯振り、会場内を盛り上げました。会場の皆さんから温かい拍手が送られました。赤組・白組どちらも甲乙つけがたい素晴らしい応援で引き分けとなりました。 全競技を終え、奥田下チームが昨年に引き続き優勝となりました。 他順位は下記の通りです。
【東沢地区体育祭(一般)】 優 勝:奥田下 準優勝:大舟中 第3位:奥田上
【東運動会(児童)】 優 勝:赤組 準優勝:白組 応援賞:同点引き分け
参加頂いた皆様、競技役員としてご協力下さいました地域の皆様ありがとうございました。










2017年8月19日 第47回 東沢地区納涼夏まつり
毎年恒例!東沢地区納涼夏まつりが開催されました。今年度は雨に恵まれ、東沢地区交流センターの屋内にて開催する運びとなりました
東沢小学校体育館での開催は過去に何度かありましたが、交流センター屋内での開催は今回が初めてでした。 「盆踊りを踊ろう!」とはじまったのがきっかけだそうですが、今年は雨で屋内ということもあり、断念。代わりに会場のモニターには、山形花笠まつりの映像が流れていました。  


開会の挨拶にはじまり、川西町地域おこし協力隊・齋藤隊員のギター弾き語り、カラオケ大会と音楽で盛り上がりが続きます。




そして、子ども達による「スイカの早食い競争」!子ども達の迫力ある食べっぷりに、思わず目が離せません。親御さん達も、シャッターチャンスをここぞとねらいを定めます。「頑張れ〜!」の声援が飛び交って、大盛り上がり!


最後は皆さんお待ちかね「お楽しみ抽選会」。豪華景品をねらって、皆さん集中して読み上げられる番号を聞いていました。お目当ての品はゲットできたでしょうか?


大盛況のもと、お祭りは終了。
今年も各関係者や団体の皆様に多数ご協力をいただきました。ありがとうございました!


来年は、晴れますように!
 

2017年7月15日 紅大豆オーナー10周年交流会も開催
 今年度 2回目の紅大豆オーナーが開催されました。今回は紅大豆畑の草取り、料理教室、紅大豆オーナー10周年記念の交流会が行われました。 
 
 最初は畑での草取り。畝の合間に生えた雑草を丁寧取り除きました。炎天下ということもあって、短い時間ながらも大量の汗をかきながら作業にあたる皆さん。お疲れ様でした!
 
  


  
 
  その後は東沢活性化センターに戻った後は紅大豆づくしの料理教室。
ここで作られた料理は、夕方に行われる紅大豆オーナー10周年交流会で振る舞われます。参加者の皆さんは紅大豆おにぎり、だし(山形の夏のご飯のおともで東沢の豆入り)、笹巻きにかける紅大豆きなこ等を作りました。
地元のお母様方に教わりながら、美味しそうな料理がたくさん出来上がりました(ついついつまみ食いしてしまう方も・・・)

  


  暗くなってると、前回制作した竹ランタンを外へ配置し、点灯の準備行いました。 少し風が強かったこともあり消えかかることもありましたが、それでもきれいに浮かび上がる竹ランタンの灯に感動した様子でした。

  

 そして、10周年を祝う交流会へ。先ほど参加者の皆さんが作った料理と教えて下さったお母様方の料理も加わったたくさんの料理が揃いました。料理の美味しさに何度もおかわりされる方も!
合間には地域おこし協力隊齋藤尚さんのギター演奏もあり、大変盛況な会となりました。
 次回は9月15日、豆の収穫や試食会を予定しています。
 

2017年6月17日 紅大豆オーナー2017年度始まりました!
 今年で10周を迎える紅大豆オーナー。その第 1回が開催されました。今回は紅大豆の種まきと笹巻きづくり、そして今年から竹ランタンづくりも加わって、盛りだくさんの内容となりました。 
 
 最初は畑に移動し、紅大豆の種まき。天候に恵まれ、爽やかな風の中での作業となりました。手作業だけではなく、機械を使っての種まきにも挑戦しました。
 
 

 その後、倉庫に移動し、竹ランタンの“竹のヤスリがけ”。竹の表面を滑らかにするため、1つ1つ丁寧にやすりをかけていきました。(竹は夢里の会員や地域おこし協力隊の柚木さんに切り出していただきました。)

 
 
 
 その後は、恒例の笹巻きづくり! もち米を入れ、笹をまいてひもで結ぶ。簡単そうに見えても実際やってみると難しいようです…。東沢のお母様方にアドバイスをもらいながら美味しそうな笹巻きが出来上がりました!! 参加者手作りの笹巻きは昼食中にゆでられ、その後お土産としてお持ち帰りいただきました。

 最後は竹ランタンに貼る和紙にオリジナルの絵を描きました。思い思いの絵を書く皆さん。 竹筒の中に灯りで、どのように絵が浮かび上がるか楽しみですね!次回の7月の紅大豆オーナー10周年交流会に灯される予定です。

 

 一通り作業を終えた後は、東沢や川西の美味しい幸が詰まった昼食。笹巻きづくりを教えていただいた地元のお母様方に作っていただきました! 昼食に出た笹巻きと自分が作った笹巻きを比べながら、紅大豆きなこをまぶしながらいただきました。
 次回は7月15日、草取りや畑の看板づくりを予定しています。
 

2017年6月4日 田んぼアート
 
 東沢小学校の東側の田んぼに、大きな「東」の文字を刻む田んぼアート。
 今年度をもって東沢小学校が統合されることを受け、JA山形おきたま川西地区青年部東沢支部のメンバーが発起人となり、田植えが行われました。

 JA青年部を含む総勢30人が集まって、子どもから大人まで、一斉に田植えを開始!「東」の文字をブロック分けし、手分けして作業を進めます。

 「東」の文字部分に黒米「朝紫」、それ以外の部分にははえぬきを植えることで、稲穂が実るころには大きな「東」の文字が浮かび上がるようになっています。
 是非、近くを通った際は、田んぼを覗いてみてはいかがでしょうか♪

    
   ▲みんなで並んで、作業開始です!     ▲小学生も一生懸命頑張ります

    
   ▲取材対応だってバッチリこなす♪   ▲機械の手も借りながら作業を進めます

    
   ▲大人は田植えを教える先生です    ▲完成!バンザーイ!お疲れ様でした!

2017年6月3日 東沢春祭り
 
 さなぶりの季節が今年も到来!東沢活性化センターにて、東沢春祭りが開催されました。毎年、
センターの外で田園風景を眺めながら行われるのが恒例でしたが、今年は風が強かったため、室内での開催となりました。

 「今はすべて機械が担ってくれますが、かつては子どもから大人まで田植えを手伝ったものです。休憩で食べる朴(ほお)の葉で巻いたおやつ(朴葉巻き)が楽しみで、手伝いを頑張っていました。手伝った人は2つもらえるんですよ。」と来賓の方のお言葉から、地区で馴染み深いお祭りだという事が改めて伝わってきました。

 乾杯の掛け声にはじまり、元協力隊員・塗さんのギター演奏、新協力隊員の齋藤さんの弾き語り、カラオケ大会と会場は大盛り上がり。子どもたちも、お抹茶の体験を楽しんだりと、センターのあちこちで賑わいを見せた1日でした。

    
    ▲豊作を祈って、カンパイ!      ▲子どもたちも一緒に楽しみます

    
   ▲元協力隊員・塗さんのギター演奏   ▲新協力隊員・齋藤さんとのコラボも♪

    
   ▲たくさんの方にお越し頂きました     ▲地域の交流も深まります!

    
  ▲別室では、お抹茶も出していました   ▲二次会も居酒屋風に!会話も弾みます

2017年2月15日 紅大豆の味噌づくり
 
 東沢活性化センターにて紅大豆オーナー事業が行われました。今回の紅大豆オーナーは例年人気の紅大豆の味噌づくりです。
 今年もやまがた里の暮らし推進機構さん主催の「大人のインターンシップ」の参加者(主に東京方面から参加)の方々と一緒に味噌づくりを体験しました。
  最初は固まった麹を細かくばらした後、塩を混ぜて塩麹にします。

 そこに入れる(一晩水につけて置いた)紅大豆をすりつぶしていきます。そして、つぶした紅大豆を麹に混ぜます。すると、真っ白だった麹がほんのりとしたピンク色に変わりました。参加者の皆さんは円形に座り協力しながら丁寧に混ぜ合わせていきました。
 

 そして、混ぜ合わせたものを丸めていきます。その後、丸めた味噌を空気を抜くようにして各自の保存容器に移していきます。重しの塩をまいてふたをすればこれで仕込み完了!
 
 熟成が進む5月頃一旦混ぜ合わせた後、11月に食べ頃になります。今から待ち遠しいですね!
 
  昼食は東沢のそばです。そばに添える天ぷらや郷土料理(大根の漬物、あけびの煮物)は東沢のお母さん方の手作り!東京から参加された方々にはなじみのない料理だそうですが、「美味しかった!」と好評でした。
 
 
 今年度の紅大豆オーナーは今回で終了となります。参加された皆様、主催のやまがた里の暮らし推進機構の皆様、農事組合法人夢里の皆様、関係団体の皆様1年間ありがとうございました。
 来年度も引き続き開催が予定されており、節目となる10年目となるようです。
 開催情報が届き次第、当サイトでもお知らせいたします。
 

2017年2月12日 スマイルクラブ活動より~椎茸の植菌とお好み焼きづくり~
 
 今年度最後のスマイルクラブはJA青年部とともに椎茸の植菌とお好み焼きづくりを行いました。
 椎茸の植菌は交流センターで行いました。
 大人達に補助してもらいながら木に菌を植え付けていく子供たち。終了後は自宅に持ち帰りました。冬の間は雪の中に入れておき、1年経ってから来年の秋に収穫となります。
 椎茸を味わうのはしばらくのお楽しみとなりそうです。
 
 

 その後は活性化センター調理室でお好み焼きづくり。自分たちで調理し2枚焼き上げました。1枚はお昼前に皆で美味しくいただき、もう1枚はお家へのお土産となりました。
 
 


2017年2月11日 毎年恒例!東沢地区麻雀大会
 
 東沢活性化センターにて第34回麻雀大会が開催されました。今年は6卓で行われ、昨年よりも多い24名の参加者で賑わいました。
 地区外からも参加される方もいらっしゃる人気の行事です。地区を超えて交流を深めながらの大会となりました。
 
 
  来年も開催されるので、興味のある方は次回ぜひご参加下さい!!
  

2017年1月14日 新春の集いを開催
 
 外では多くの雪が降りしきる中、新春の集いとして地域の皆様方、各種団体の皆様方との顔合わせ会と交通安全会議を開催しました。
 主催者として佐々木センター長の挨拶、原田川西町長と佐々木町議よりご祝辞を賜った後、交通安全会議として交通安全講話、交通安全宣言が行われました。
 
 

 懇親会では香保里会の皆さんによる舞踊のお披露目、毎月センター報と共に発行される『塗コラム』でおなじみ、塗貴旭さんによるギター弾き初めと参加者によるカラオケ大会も行われ新春を祝う盛況な会となりました。
 

 
     
 東沢小児童が参加するスマイルクラブで凧の絵付けも同日行われました。新春の集いに参加された地域の方も参加し、互いに交流しながら和やかな雰囲気で絵付けが行われました。当日の大雪のせいで外で飛ばすことはできませんでしたが、各自お家に持ち帰った後楽しんだようです。
 

 皆様本年も宜しくお願い致します。


2016年12月18日 東沢そば祭り 多くの人々が新そばを味わう
 
 東沢活性化センターにて今年の新そばが提供されるそば祭りが開催されました。
 そば粉は農事組合法人夢里が栽培から収穫まで行ったそば、でわかおりが使われました。東沢地区内外から100名以上の方にお越しいただき、新そばを味わっていただきました。
  
 
 また、食べ放題コースもあり、600g(普通盛り300gの倍)からスタートしました!何皿もおかわりされる方もいらっしゃいました!
 そばはざるそば、温かいかけそばから選べ、食べ放題コースではどちらも味わう方もいらっしゃいました。トッピングは採れたてのなめこ、大根おろし、ネギでした。

 

 ご家族連れが多く、子供から年配の方まで風味豊かな打ち立てのそばを堪能されていたようでした。
 


2016年12月2日 ディスカバー農山漁村の宝 授賞式出席・産直販売を行いました
 
 この度、内閣官房及び農林水産省の「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」=全国30地区の農山漁村活性化の優良事例として「東沢協働のまちづくり推進会議」が選出されました。
 12月2日に首相官邸にて授賞式が行われ、佐々木賢一町議と東沢地区活性化センターの佐々木センター長が出席し、選定証を頂きました。
 長年の東沢山村留学での交流事業、豊かな食と自然を自然を守り育てる取り組みが評価され、今回の受賞となりました。これまでにセンター事業にご協力・ご尽力賜りました皆様に感謝申し上げます。
※賞状は現在東沢地区活性化センター内に展示しています。
 


  また、有楽町の東京交通会館前では選定された全国の団体の直売会が行われました。
 東沢のつや姫・夢工房のみそ漬け等を販売し、多くの方々にお買い上げいただきました!
 
 



2016年11月12日 紅大豆の選別&つきたてのおもちを味わう(第4回紅大豆オーナー)
 
 農事組合法人夢里が毎年開催している紅大豆オーナーの第4回が開催されました。
 
今回は紅大豆の選別を夢里の作業倉庫で行いました。
 選別では紛れ込んだ小石、雑草、砂などを取り除きながら、一人あたり1キロの紅大豆を取り分けました。これがなかなか細かい作業で、皆さん真剣な表情で選別されていました。(コンテナを椅子にして座りながらする作業が好評でした)
 「まだ1キロになってないな~」と何度もはかりに載せながら、たくさん紅大豆を袋に詰めていました。
 

 1時間がたち、作業が一段落した後は活性化センターに戻って昼食のおもちづくり。
 もちは、たっぷりのねぎが入った納豆もち(都会では珍しい食べ方だそうです)、東沢で採れた豆を使ったずんだもち、なずながたっぷり入ったお雑煮もちの3種類です。
 東沢のお母様方に作っていただいたあんやおつゆの中に、みんなでもちをちぎってあえました。つきたてのおもちは柔らかくてとても美味しく、大好評でした。

 

 夢里のそば粉で作ったそばがき、なめこと大根おろしのあえものもいただきました。
 昼食後に行われる参加者の感想発表では「毎回美味しい昼食がいただけて感激している」との声が聞かれました。
 次回は年を越して1月29日(日)です。紅大豆味噌づくりを行います。


2016年11月6日 体育館で収穫感謝祭を開催
 
 東沢小学校体育館にて東沢地区収穫感謝祭を開催しました。
 最初は東沢小児童による学芸会が行われ、演劇が披露。子供たちのひたむきで一生懸命な演技に会場からは温かい拍手が送られました。(涙が出たという方も・・・)
 その後、児童は自ら育てたお米の販売を行い、無事完売しました!

 


 開会式と出品いただいたお米の「食味コンクール優秀農家表彰」、「農産物品評会表彰式」が行われました。その後、東沢小PTA&教職員による演劇、歌謡会、歌声サロン、ギター演奏など盛りだくさんのアトラクションステージが行われました。最後は大盛り上がりの抽選会!

   
表彰式&野菜展示即売会

    
東沢小児童と地域の皆様と歌声サロン&笑いありの楽しい演劇

←抽選会

 会場内では農事組合法人夢里さんから提供いただいたおもちとそばのふるまいがあり、東沢の秋の味覚を存分に味わっていただけたようです。
   
 

 ほかにも陶芸作品、絵手紙、木工作品、寄せ植え、手芸品など素晴らしい作品がたくさん展示されました。
   

 このように思い思いにみなさん楽しい秋の一日を満喫していただいたようです。
 ご協力いただきました役員の皆様、各団体の皆様、農産物を提供いただいた農家の皆様、賞品を提供いただいた関係者の皆様、ありがとうございました。



2016年10月23日 運営委員並びに隣組長との合同会議
 
 東沢地区協働のまちづくり推進会議運営委員と隣組長との合同会議を活性化センターにて開催いたしました。
 協議として、はじめに町担当者から除雪対策・粗大ゴミ収集についての説明を受け、その後「協働のまちづくり推進」
についての意見交換を行いました。
 同じ県で近くの町でありながら、「まちづくりの成功で移住者が増えた町」と「集落の維持が難しくなってきた町」の事例を紹介したビデオを見ていただきました。その事例を見て、今後の東沢の地域づくりに何が必要か話し合われました。
 委員の他、佐々木川西町町議、夢里創造研究所の登坂所長、東沢自治会長会の鈴木会長からもご意見をお聞きしながら、活発な意見交換が行われました。
 会議の詳しい内容は次月センター報(11月)にてご紹介いたします。


 【鑑賞ビデオ】
  ・NHKスペシャル「縮小ニッポンの衝撃」
  ・NHK 「プロフェッショナル 仕事の流儀」



2016年9月20日 マレーシアから"そば打ち体験”に東沢へ
 
 9月13日、国際交流のため川西町に滞在中(9月12日~19日の一週間)のマレーシア青年団の方々がそば打ち体験に東沢へいらっしゃいました。
 まずは、活性化センター裏手に広がるそば畑をバックに記念撮影。そば畑を見るのも、そばを食べるのも初めてとのことで今回大変楽しみにされていたようでした。
 

 そば打ちの前に茶道体験。(センター職員の千恵子さんがたてたお抹茶です)
 
  

 いよいよ、そば打ち体験です。 まずは先生の実演を見て学び、その後2班に分かれて体験を行いました。熱心に見入る皆さん。
 

 

 

 そばを切る作業では、先生から「とても上手!!細く切られていて丁寧!」と太鼓判。「先生の弟子になろうかしら♪」という和やかなやり取りも行われ、楽しんでいただけたようでした。
 そして、昼食として自分で打ったそばを召し上がりました。味も「おいしい!」とのことでした!大満足のうちに東沢を後にされました。その後は川西町内各地を訪れ、高校生との交流や農業体験も行うようです。
 



2016年9月11日 枝豆収穫&ダリアのフラワーアレンジメント(第3回紅大豆オーナー)
 
 農事組合法人夢里が毎年開催している紅大豆オーナーの第3回が開催されました。

 今回は昨年開催された「豆の展示会」の会場「上野桜木あたり」のスタッフの皆さんも参加していただき、前回よりも多い賑やかな中で東沢の秋を楽しんでいただきました。(豆の展示会…やまがた里の暮らし推進機構主催)
 
 最初は枝豆収穫。前回の7月よりも大きく成長していました。豆のサイズはまだ成長途中でしたが、それでも沢山実った様子に、皆さん驚いていました!!
 しかし、同時に雑草もたくましく成長していたので、雑草を抜きながらの枝豆収穫となりました。
 気温はそれほど高くありませんでしたが、集中して収穫作業を行う皆さんの額には汗がにじみます。11月の紅大豆オーナーではさらに成長した豆を収穫できそうです。
 

 収穫&雑草取りがひと段落したら東沢活性化センターに戻り、ダリアのフラワーアレンジメント体験。地元の方が育てた様々な種類のダリアをふんだんに使っての豪華な体験となりました。先生に教わりながらも、思い思いにダリアアレンジメントを楽しんでいたようです。
 


素晴らしい作品!出来た作品はお持ち帰りです!
 
 お昼は山形名物の芋煮と地元のお母さま方手作りの漬物でした!毎回参加者の方に好評の美味しい郷土料理が振る舞われました。
 
 

次回は11月12日。紅大豆の選別が予定されています。



2016年9月4日 東沢体育祭・東運動会(東沢小学校)開催!
 
 第67回東沢体育祭・東運動会が東沢小学校グラウンドにて開催されました。
 晴天という絶好の運動会日和のなか、子供から大人まで多くの方が参加され、爽やかな汗を流しました。
 

 

 
親子3代でタスキをつなぐリレーや自主防災の活動を取り入れたリレーなど、特色ある競技も行われました。
   

 
自主防災リレー            親子3代リレー

 また、今年は東沢小学校のツリーハウス制作と修繕のために訪れている東北芸術工科大学の学生さんも参加(まり入れ等)。地域の方とのよい交流の場となったようです。
 
芸工大生も参加のまり入れ            応援合戦

 東沢小学校の子供たちの応援合戦も白熱し、大変盛り上がりました。
 参加していただいた皆様、競技役員として協力いただきました地域の皆様ありがとうございました。
   
【結 果】
 優勝  奥田下チーム   小学校優勝 赤組




東沢地区体育祭&東運動会のお知らせ
 
 残暑もだんだんやわらぎ、初秋の季節となりました。
 今年も東沢地区体育祭と東沢小学校の東運動会が同時開催されます。
 今年は東沢小学校のツリーハウス修繕・改装のために訪れている東北芸術工科大学
 の学生さんたちも参加してくれます!!

  日 時   平成28年9月4日(日) AM8:30受付~
  場 所   東沢小学校総合グラウンド
※雨天の場合は中止となります


スポーツの秋にふさわしい爽やかな汗を流しましょう!!
 
 
【昨年度の様子】
 


2016年8月20日 東沢夏祭り開催しました
 
 当日降っていた雨も降り止み、少し涼しくなったなか「第46回東沢地区納涼夏まつり」が開催されました。今年も200名近くの多くの方にお越しいただきました。
 最初に来場者参加型でカラオケ、花笠音頭、川西音頭が行われました。
 

 中盤には子供たちによる恒例「スイカの早食い競争」。誰よりも早く食べようと
必死にスイカにかぶりつく子供達。親御さん含め、会場からは声援が多く飛び交いました。
 

 最後は豪華賞品が当たるお楽しみ抽選会。あらかじめ配られた抽選券を手に自分の番号が呼ばれると皆さん嬉しそうな顔で賞品を受け取っていました。
 

 また地元の若者、農協青年部・ヤング班による「Bar夢里」、焼き鳥や焼きそばの出店も盛況でした。
 本年も各関係者や団体の皆様にの多数のご協力をいただきありがとうございました。
 来年度もお楽しみに!!


2016年7月29日~8月2日 みちのくやんちゃ留学 開催されました
 
 東京都町田市より15名の小学生が東沢を訪れ、民泊をしながら自然体験を行う「やんちゃ留学」が行われました。
 4泊5日の日程で自然体験学習(魚釣り、自然公園散策等)や東沢小の子供たちとの交流会も行われました。
 花火、星空観察、流しそうめん、魚釣り、ダリヤ園見学と盛りだくさんの内容を体験し、東沢の夏を満喫していったようでした。

写真(2枚目以降) 4日目の流しそうめんの様子
 
  

   



2016年7月24日 紅大豆畑の草むしり&豆腐作り(第2回紅大豆オーナー)
 
 農事組合法人夢里が毎年開催している紅大豆オーナーの第2回が開催されました。
 山形県内、遠くは東京から約30名ほど参加していただきました。様々な土地からいらした方々の交流の場にもなっています。

 当日前半は畑に向かって1時間あまり草むしり作業。手作業のほか、機械を使った草むしりも体験していただきました。
 
 


 後半は活性化センターに戻って、豆腐づくり。
 秘伝豆と紅大豆の2種類の豆を使った豆腐づくりです。昨年から引き続き、紅大豆オーナー参加者の東京のお豆腐屋さん美濃屋さんが講師となって指導してくださいました。
 

 

 秘伝豆の緑、紅大豆のピンクの2種類の豆腐を作りました。それぞれの成分、色が濃く出た鮮やかな豆腐が出来上がりました!!
 


 また、豆腐を固めている間に、豆腐作りの途中で出たおからを使った料理も教えていただきました。
▲おからもち
 おからとその約半分の量の片栗粉を入れて混ぜ、小判型にして焼く。醤油や砂糖のタレで味付け。紅大豆のおからだと見た目はまさに「ハンバーグ」のよう!でも中はもちもち!

▲おからサラダ
 オリーブオイルとマヨネーズでポテサラ風に。あっさり、ヘルシーな一品です。
 どれも身近にあるものでできる簡単な料理でした。

 完成した豆腐とおから料理、当日お手伝いいただいた地元のお母さま方の郷土料理で昼食をいただきました。
 豆腐は2種類で味が異なるようで、秘伝豆はより豆の風味が強く、紅大豆は甘味があるとの感想が多く聞かれました。
 料理の感想としては「なす干しの煮物、どうやって作るの?作ってみたい!」「漬物美味しい!!」など美味しい料理に参加者の皆さんは満足していただけたようです!
 
 

 第3回は9月11日(日)です。内容は豆の収穫と試食会を予定しています。


平成28年度「みちのくやんちゃ留学」のお知らせ
 
 毎年東沢山村留学協力会が主催している「みちのくやんちゃ留学」が7/29(金)~8/2(火)の日程で行われます。
 東京都町田市の小学生が自然あふれる東沢地区を訪れ、民泊をしながら様々な自然体験を行い、東沢地区の人々と交流を深める行事です。  
今年は15名の元気な小学生が東沢地区を訪れます。
 東沢活性化センターは1日目の受け入れ式、3日目のセンターでの宿泊体験、4日目の竹の器作り体験&流しそうめん(夢里創研のヤング班担当)の会場となります。
 東沢小の子供たちとの交流イベントも予定されています。
 今年はどんな楽しい夏になるのでしょうか?
  昨年のやんちゃ留学の様子はこちらをクリック

主な日程
 1日目(7/29) 16:15~  受け入れ式
 2日目(7/30) 9:00~  一日体験入学(東沢小にて交流ゲーム)
        12:00~  炭出し体験~バーベキュー
 3日目(7/31) 8:00~  里親さん宅での活動
        16:00~  宿泊体験(カレー作り、映画、花火・星空観察)
 4日目(8/1)  7:00~  自然学習園への散歩
         9:00~   語り部による民話~稲のお話
        10:00~  竹の器づくり体験~流しそうめんの昼食
        15:00~  魚釣り
 5日目(8/2) 10:00~  浴浴センターまどか集合~ダリヤ園にて集合写真
        12:00~  解散式


2016年7月27日 「男の料理教室」のお知らせ
 
 東沢地区交流センター事業の福祉部活動につきまして「男の料理教室」を開催します。
 毎年小松地区で開催しておりましたが、今年から地区単位で行うこととなりました。
 下記日程にて開催いたしますので、ぜひご参加ください!!

    
  1. 日 時 平成28年7月27日(水)午前9:00~

  2. 場 所 東沢地区活性化センター調理室

  3. 参加費 300円

  4. 持ち物 エプロン・手ぬぐい

  5. 締 切 7月22日(金) 48-2079 交流センター佐々木まで

献立については当日までのお楽しみ!!



2016年6月25日~26日 おむすび権米衛社員研修に訪れました
 
 ㈱東沢米翔のお米を使っておむすびを販売しているおむすび権米衛の社員の皆さんが東沢を訪れ、2日間に渡って研修を行いました。
 1日目は田んぼの草取り作業。長靴を履き、田んぼの中に入って草取りを行いました。腰をかがめながら作業すること2時間、慣れない作業に悪戦苦闘…。翌日は筋肉痛になったようです。


   

  農作業体験で汗を流した後は、民泊の受け入れ家族の方、東沢で活動している地域おこし協力隊との交流会が行われました。
 そこでは、権米衛社員の方に炊き立てのつや姫のおにぎりも作っていただきました。
 おにぎりづくりはさすがプロ!ごはんをしゃもじですくって丸める人、丸まったごはんをおにぎり形(三角形)に成形していく人、そのおにぎりに塩をふる人と役割分担し、スピーディーにたくさんの形の整ったおにぎりが作られていきました。

   

    

 東沢夢工房さんのオードブル料理、川西の日本酒を味わいながら、カラオケや楽しい談義で盛り上がました!

   

 2日目は川西町にある施設見学・自然散策を行いました。
 1軒目は米翔も米を出品している産直施設「森のマルシェ」の見学・お土産購入。
   

 2軒目はハーブガーデン散策。香りだけではなく、2種類のハーブティーも堪能しました。
   

   

 その後は、東沢活性化センターに戻り、閉会となりました。



2016年6月22日 健康レクリエーション大会 東沢地区優勝しました!!
 
 川西町総合運動公園グラウンドにて川西町健康レクリェーション大会が開催されました。この大会は川西町の7地区対抗で行われるレクリエーション大会で60代以上の方々を対象としています。
 運試し競争、ボール運びリレー、まり入れなど様々な競技が行われました。
  今年の東沢チームは個人競技での成績が良く、前半戦で早くも首位に!後半の団体競技でも勢いのまま突き進み、そのまま優勝という結果で終わることができました。
昨年3位からのリベンジを果たしました!
 終了後は活性化センターに戻り祝勝会でした。参加された選手の皆さん、大変お疲れ様でした。

   
 

 
 
2016年6月18日 紅大豆の種まき・笹巻きづくり行いました(紅大豆オーナー第1回)

  農事組合法人夢里が毎年開催している紅大豆オーナーの第1回が開催されました。
 第1回は紅大豆の種まきと笹巻きづくり。種まきでは、参加者全員で畑にまきましたが、最後は機械での作業も体験できました!大変貴重な体験となったようです。
  

  

 お昼は郷土料理の笹巻きづくり! 笹をまき、ひもで結ぶ作業に四苦八苦しながらも美味しそうな笹巻きが出来上がりました!!
 その後は紅大豆を石臼で挽いたきな粉づくり。早速出来たきな粉を笹巻きにかけていただきました。豆の風味豊かで大変おいしいと大好評でした!
  

 昼食時の笹巻きは地元のお母さま方お手製の笹巻き。参加者の方が作ったものは昼食の間に茹でられ、茹で上がった後にお土産としてお持ち帰りとなりました。
  

 次回は7月24日です。草取りや畑の看板づくりの予定です。  

 

2016年6月4日 東沢春祭り開催されました
 
 晴天で心地よい風が吹く中、東沢活性化センターにて春祭りが行われました。毎年、さなぶりの季節になると開催される恒例行事です。
 今回のスペシャルステージは酒田よりお越し頂いた「ロックの大臣」による生演奏!
 エレキギターの音色に酔いしれながら更生保護女性会の方とスマイルクラブによるスイーツ、夢工房さんのオードブル、JA青年部のホルモン焼き、ヤング班のハイボールなどをいただきました。様々な話に弾み、続きは屋内の居酒屋で二次会。一日を通して盛り上がりました。
 今年は茶室が開かれ抹茶の振る舞いも行われ、子供たちを中心に大好評とでした。ご協力頂いた各団体の皆様、大変ありがとうございました。

   
   さなぶりを祝って乾杯          ロックの大臣のギター演奏♪


   
   茶会                 スマイルクラブによるスイーツづくり

   
   みんなで記念撮影            屋内の二次会居酒屋



【お知らせ】 2016年度紅大豆オーナー募集します!
 昨年度の活動でも紹介してきました「紅大豆オーナー」(主催 農事組合法人夢里)
 東沢の大地で紅大豆を育てながら地区内外の人々と交流を深めていく事業です。(紅大豆…川西町に伝わる在来種の赤豆。川西産のみ「紅大豆」と呼ばれる)
 そして2016年度も募集を開始しました!
 今年でなんと9年目!!これまでに東京、関東近県、宮城、山形県内など多くの方々に参加いただいています。

 

何が体験できるの?

 紅大豆の種まき、畑の草取り、えだまめ収穫イベント、紅大豆味噌づくり etc...
 盛りだくさんの内容で東沢での農村体験、自然を感じることができます。
 農作業で疲れた後の昼食には東沢の美味しい郷土料理がいただけるかも!

※写真は昨年度のものです
   
       えだまめ収穫作業             紅大豆染めに挑戦

   
     紅大豆と秘伝豆の豆腐づくり          紅大豆の選別作業

   
     美味しい郷土料理の昼食           紅大豆味噌づくり

 年5回のイベントを通し、参加者の皆さん、東沢地区の皆さんとの交流が深められます。
 詳しくは下のチラシをご覧ください。たくさんのお申込、お待ちしています!!

申込・お問い合わせ先
 農事組合法人夢里(ゆめり) 代表 登坂 賢治
 電話:090-7561-5391 FAX:0238-48-2723
 協力:やまがた里の暮らし推進機構 TEL 0238-54-3006

    豆のあるまち かわにし フェイスブック

             ▼チラシはクリックすると拡大します▼



2016年1月24日 紅大豆味噌作りに挑戦

 
 東沢活性化センターにて27年度最後の紅大豆オーナーが開催されました。
 今回は味噌作りに挑戦しました。
 当日川西町地域おこし協力隊(通称:ちまるデザイン室)が取材も兼ねて参加してくれたようで詳しくは協力隊のホームページに掲載してあります。
 ぜひこちらをご覧ください ⇒ ちまるデザイン室ホームページ

         

         

 来年も紅大豆オーナーが開催されます。
 農業を体験してみたい、紅大豆ってどんな味?など興味のある方、大歓迎です。
 詳細が決まり次第ホームページ上にてお知らせします!!

【過去の紅大豆オーナー記事】
 11月 紅大豆の選別・もちを味わう
 09月 枝豆収穫
 07月 豆腐作り




2016年1月9日 東沢地区新春の集いを開催しました

 新春にあたり地域の皆様方の顔合わせ会と各種団体のご支援を賜り、新春の集いを開催しました。
 今年度も閉会式に続いて交通安全会議を開催。JA青年部東沢支部の力強い意見発表、地域おこし協力隊の活動紹介も行われました。
 同日スマイルクラブで子ども達向けの羽子板の絵付けを行いました。
 
 懇親会では懇談も交えながらカラオケ大会も行われ、新春を祝う盛況な会となりました。
 本年もよろしくお願いいたします。



2015年11月22日 東沢活性化センターにイルミネーション点灯!!
 東沢の若者と地区外の若者が集い、東沢活性化センターにある松の木にイルミネーションを取り付けました。
 高所作業車に乗って木の上からナイヤガラライトの取り付け→木の下にツリーを彩るオーナメントの飾り付け→星の形のイルミネーション作りの順に作業を行いました。
 途中の休憩時には和気あいあいと話が弾み、参加者同士の交流が深まったようです。加えてライトアップに訪れる地域の皆さんへの振る舞いこんにゃくも作りました。
 あたり一帯すっかり暗くなった18時、イルミネーションツリーライトアップ。
 イルミネーションツリーで辺り一面鮮やかに彩られ、幻想的な風景へと様変わり。お越しいただいた皆さんにも満足していただけたようです。
 東沢のイルミネーション点灯式は毎年恒例ではありますが、こうして若者主体で開催されるのは初めて。地区外の若者との交流が深まり、また若者が地域に関わる一つの良いきっかけとなりました。
 イルミネーションは12月25日まで毎日17時~21時まで点灯しています。ぜひ見にいらしてください。




2015年11月14日 紅大豆オーナー~紅大豆の選別とおもちを味わう~
 農業法人夢里が主催している「紅大豆オーナー」。今回はその4回目となります。
 今回は無事収穫された紅大豆の選別作業と新米のもち米を使ったもちを味わいました。
 当初の予定では畑に入っての紅大豆の収穫でしたが、当日はあいにくの雨。代わりに夢里の倉庫内で収穫された紅大豆の選別作業となりました。ふるいにかけてゴミや石を取り除き、さらに細かい草や砂を丁寧に取りながら1人あたり1キロの紅大豆を取り分けました。(もちろん、お家へのお土産です!!)
 その後、昼食のもち料理づくり。「夢里提供のもち米」を使っています。今回は納豆もち・ずんだもち(枝豆をペースト状にしたものに砂糖をいれた餡)、お雑煮もちを作りました。
 東沢のお母様方に手ほどきをいただきながら、参加者の皆さん全員で調理しました。
 つきたてほやほやのおもちは非常に柔らかく風味も豊か!参加者の皆さんは、あまりの美味しさにぺロりとたいらげられたようです。
 次回は来年1月に味噌づくりを行います。(例年、大変人気のイベントです。)





2015年11月8日 東沢地区収穫感謝祭 開催しました
 今年は東沢小学校体育館の改修工事のため、会場を活性化センターに移しての開催となりました。
 雨が降る中でしたが、センターには多くの方にお越しいただきました。
 今年は地元の方に加えて、交流のある東京都町田市のやんちゃ留学同窓生も参加していただき大賑わい!
 自然の恵みに感謝し、みなさん楽しい秋の一日を満喫していただいたようです。
 祭りの様子は下の写真をご覧ください。
 ご協力いただきました各団体の皆様、役員の皆様、農産物を提供いただいた農家の皆様、賞品を提供いただいた皆様、ありがとうございました。
 来年も今年を上回るたくさんの皆様のご来場をお待ちしております!!

▼学芸会
東沢小学校児童 
学年ごとの劇を披露


▼農産物品評会 表彰式



▼もちのふるまい
農事組合法人夢里提供の
新米!つきたてのおもち


▼東沢小学校 先生の劇
先生・PTA役員による時代劇
演技に会場中が大笑い!!





▼販売コーナー(夢工房)

▼歌声サロン
ピアノは地域おこし協力隊の
長岡義和さん
サロンの皆さんと東沢小児童による合唱を披露しました




▼川西中生徒の校歌斉唱

▼抽選会
みなさんお待ちかねの抽選会
会場にはたくさんの人が集まりました。




▼1等石油ヒーター当り!


2015年9月13日 東沢地区体育祭・東運動会 開催しました
 連日の雨で開催が心配されましたが、無事雨は上がり2年ぶりの体育祭となりました。
 小学生からおじいちゃん・おばあちゃんまでの幅広い世代が参加されたせいか、それぞれの家族を応援する姿が多く見られました。
 東沢小の児童の皆さんの力強い応援もあって、参加された選手の皆さんは力いっぱい成果を発揮出来たのではないかと思います。
 大会役員の皆さん、小中学生の皆さん、先生方、運営にご協力いただきありがとうございました。
大会結果 優勝 準優勝 第3位 応援賞
東運動会 紅組 白組 白組
東沢体育祭 奥田下 奥田上 奥田中
混合リレー 奥田下 大舟中 奥田上






2015年9月12日 紅大豆オーナー 枝豆収穫に芋煮会と盛りだくさん
 農事組合法人夢里が主催している「紅大豆オーナー」。今年度3回目となります。
 今回は成長した枝豆の収穫とダリヤのフラワーアレンジメント、紅大豆染め、芋煮会と盛りだくさんの内容でした。(参加者は東京方面、山形市などからお越しいただきました。)
 枝豆はまだ小ぶりで、代わりに大きく成長していた雑草を抜きながら収穫しました。
 その後畑から戻りフラワーアレンジメント、紅大豆染めを体験。紅大豆染めではそれぞれ絞りをつけて、ほのかに紅大豆の香りがするハンカチーフを作り上げました。
 お昼は芋煮会としておなじみの牛肉の芋煮、庄内風の豚肉の芋煮の2種類を味わいました。
 参加者の中には初めて芋煮を食べられた方もおり、「とても美味しかった!」とのこと。
 東沢産のおにぎり、漬物と今回も東沢の自然の恵みを満喫していただいたようでした。







8月15日 楽しい東沢の夏祭り 開催されました!
 8月15日(土)、第45回東沢地区納涼夏まつりが開催されました。
 最初にご来賓の方々にご挨拶頂いた後、よさこいあづまの皆さん・来場者の皆さんによる花笠音頭・川西音頭、カラオケ大会、新婚さん・新規就業者の紹介が行われました。
 中盤は子供たちによる「スイカ早食い競争」。一心不乱にスイカにかぶりつく子供たちに会場からは応援の声が湧き上がりました。
 最後は恒例のお楽しみ抽選会。豪華賞品があたると皆さん嬉しそうな顔で賞品を受け取っていました。今年は300人以上の方にお越しいただきました!!)
 また会場内には青年部によるBar夢里、焼き鳥・焼きそば等の出店も盛況でした。
 本年も地区各関係者・団体等の多数のご協力をいただき円滑に進めることができました。
 ご協力下さいました関係者の皆様、また、準備・運営・受付等に従事してくださった皆様本当にありがとうございました。




2015年7月31日~8月4日 東沢やんちゃ留学 開催されました
東京都町田市より20名の小学生が東沢を訪れた「やんちゃ留学」。
4泊5日の日程で東沢地区の自然との触れ合い、また東沢小の子供たちとの交流も行われました。
バーベキュー、星空観察、流しそうめん、魚釣り、ダリヤ園見学と盛りだくさんの内容で、都会ではなかなかできない体験をとても楽しんでいるようでした。


▼1日目 受け入れ式
里親の皆さんと初顔合わせ。
緊張しています。



▼2日目 一日体験入学
東沢小の子供たちと交流会。
昼食はバーベキュー!!



▼3日目 宿泊体験
夕食は皆ででカレー作り。
映画、星空観察、花火



▼4日目 受け入れ式
流しそうめんの竹の器作り
午後は魚釣り。



▼5日目 一日体験入学
里親さんとのお別れの日。
「また来てね!!」



▼里親さん宅
里親さん宅には3泊泊めていただきました。


2015年7月18日 紅大豆オーナー 豆腐づくり体験しました!
 農事組合法人夢里が主催している紅大豆オーナー。自然豊かな東沢地区で紅大豆を育てながら、交流と農村の魅力を体験できる事業を今年も行っています。
 初回は6月20日に紅大豆の種まきを行いました。
 2回目となる今回の参加者は23名。最初に種をまいた畑へ行き、現在の紅大豆の成長具合を確認し、活性化センターに戻って豆腐作りをしました。
 講師の夢工房の斎藤絹代さんと東京都江東区の豆腐屋さん㈲美濃屋さんから豆腐作りを教えていただきました。

 一晩水につけておいた豆をミキサーにかけ、煮立てて裏ごし。秘伝豆と紅大豆の2種類の豆を使ったこともあり、緑とピンクの豆乳に!
 そこににがりを入れ、成型したらきれいな2色の豆腐が完成しました!!
 参加者の皆さんの感想は「始めての体験で楽しかった」・「いつも買っているものより豆の香りがしてとても美味しい!」と、満喫していただけたようでした。


2015年7月7日 東沢小で「歌声サロン」開催しました
東沢小学校音楽室にて「歌声サロン」を開催しました。今回11名の方に加え、東沢小の3・4年生も参加してくれました。
当日7月7日に合わせて「七夕」、夏の歌として「茶摘み」や合唱曲の「ビリーブ」などを歌いました。茶摘み歌では手遊びも交えながら楽しく歌うことができたようです。
次回は9月の秋の開催となります。


2015年6月19日 健康レクリエーション大会 第3位でした
 6月19日(金)、川西町総合運動公園グラウンドにて「川西町健康レクリェーション大会」が開催されました。町内7地区の高齢者が集まり様々な競技が行われました。
東沢地区は総合3位と大健闘!選手の皆さん大変お疲れ様でした。


2015年6月6日 今年も「春祭り」開催されました
東沢地区活性化センターで春祭りを開催しました。
 地区の皆様・スタッフともに多数の皆さんに参加していただき大盛況に終わりました。
 外のステージで東沢のよさこいあづまの皆さんに踊りを披露していただきました。
 今回がラストと言うことでアンコールを含め4曲も披露していただきました!!
午後のスマイルクラブでは多くの小学生親子に参加していただき、ビアガーデンにて
ごちそうするスイーツ作りを行いました。

 また農協青年部にもご協力いただき、焼きうどんやフランクフルトなどのおいしい焼き物をたくさんいただきました。
ヤング班のBar夢里のカクテルも大好評!。
皆さん大変ご苦労さまでした。今後ともご協力をよろしくお願いします。


2015年6月1日 ホームページが新しくなりました
以前のホームページをリニューアルし、新たなホームページとして開設いたしました。東沢地区の情報を随時お知らせしていきますので、ぜひご覧ください。


Copyright(C)2015 東沢地区協働のまちづくり推進会議 All rights reserved
【以前の投稿】

2017~2018年冬
2017年 秋
2017年 夏
2017年 春
2016~2017年 冬
2016年 秋

2016年 夏
2016年 春
2015~2016年 冬
2015年 秋
2015年 夏
2015年 春