山形県 川西町
東沢活性化センター


東沢トピックス

第1回 「足元から、春の訪れ」




プロフィール
 お名前:安部一男さん・梅さんご夫妻
 住まい
:東沢地区大舟下


(2017.05.09インタビュー)


―――芝桜を植えたきっかけは?


15年くらい前に、親族から芝桜をほんの少しもらったんです。
それまで庭は雑草だらけだったので、「雑草だらけの庭よりは、
花があったほうが素敵だな」と思って、植え始めたのがきっかけです。
花を植える前に草取りをしたら、トラック一台分もの雑草になっていました。

それ以来、毎年少しずつ植えていて。
芝桜は繁殖しやすい花だから、放っておいても種が散らばって、
勝手にじわじわと増えていくんですよ。

毎年、雪の降り具合でも咲く時期や咲き方が違って、
色も咲くまで分からないので、この時期、咲いてからが楽しみですね。

 

   ▲2017年5月上旬  東沢地区大舟下 安部さんご夫妻宅のお庭のようす



――芝桜を育てる上で、大変なことはありますか?


毎日、雑草が生えてくるのを抜くのが大変ですね。
芝桜の咲き方にも影響が出てきてしまうので、
ちゃんとお手入れしなくちゃいけません。

庭では家庭菜園もしているのですが、芝桜が畑の方
まで広がってしまうところもあるので、そういうときは
芝桜も抜いてしまったりします。


――他にもいろんな種類の花が植えてありますね。


パンジーやチューリップなども植えています。

チューリップは、いただいたヨーロッパ製のものも植えてあります。
花びらのふちがギザギザで、普通のチューリップとは
少し違った形をしています。

球根を秋頃に植えて、春になると一斉に花が開くんですよ。

         

         ▲他のお花もきれいに並んで植えられています


今年の芝桜の見ごろは、5月上旬~6月上旬にかけてだそうです。
近くの道に車を走らせる人も、思わずスピードを落としてみとれてしまうほど、
鮮やかなお庭になっていました。

安部一男さん、梅さん、お話ありがとうございました!

インタビュー:川西町地域おこし協力隊/柚木・窪村・齋藤

Copyright(C)2015 東沢地区協働のまちづくり推進会議 All rights reserved