山形県 川西町
東沢活性化センター


東沢トピックス

第3回 「よく働き、よく学び、よく遊べ」




プロフィール
 お名前:佐々木長男さん(80)・アサさん(79) ご夫妻
 住まい
:東沢大舟中


(2017.06.27インタビュー)


――お二人はどんなことをされてきたんですか?


 長男さんが20歳、アサさんが19歳のときに結婚し、東沢へ。長男さんが34歳のときに田んぼを始めました。
 ただ、はじめ持っていた土地だけでは狭すぎて生活できず、田んぼの土地を広げて稲を育てたり、味噌などを売る糀屋をしたりして、二足のわらじでやってきました。

  ▲2017年6月  東沢地区大舟中 綺麗に手入れされた庭の風景



――ご主人(長男さん)は、他にも色々なことをされてきたと伺いました。


 農協の職員や理事など、さまざまな役を引き受けましたね。その時代は、本当によく働きました。1日の睡眠時間が3時間という時期もあったんですよ。忙しくて、家を留守にすることも度々ありました。

  ▲家庭菜園と庭園



――その頃は、家のしごとはほとんど妻・アサさんがこなしていたんだそうですね。


  アサさん:「主人も私も置賜農業高校を出ているのですが、東沢へ来た頃、私は最初は米づくりのことなど何もわかりませんでした。 そこで、住民の皆さんからカマの研ぎ方を教わったり、町の青年部に女一人でまざって福島へ研修に行ったりして、自分なりに米づくりの勉強をしていましたね。」  
 きつい仕事もあって、人生でとくに波乱万丈な時期でしたが、面白かったですよ。たくさんの人と関わることができたし、お酒を交わすことも楽しかったです。 人生はよく働き、よく学び、よく遊べ!ですね。

――名言ですね!お二人とも、とても若く見えるのですが、若さの秘訣はありますか?


よく言われるんです。そうですね…よくしゃべって、よく笑うことでしょうか。本当に色々あったけれど、なんだかんだ、豊かな人生だったなと思います。幸せな人生を歩んできたなと思いますよ! 

  ▲鉢植えの花も綺麗に咲いていました

お二人から、人生を豊かに生きる秘訣を教わったような気がしました。
ありがとうございました!

インタビュー:川西町地域おこし協力隊/大坪・窪村・齋藤

 
Copyright(C)2015 東沢地区協働のまちづくり推進会議 All rights reserved